日本人に不足している栄養素の代表、ビタミンAをいかにして摂取するか?

%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%92%e6%b4%97%e3%81%86

食べ物に困ることのない、豊かな国。
日本で栄養失調なんて、ありえないと思うのが当然です。
ところが、きちんと食事を摂っているのにもかかわらず、
栄養失調と診断されるケースが増えているそう。
それが「新型栄養失調」です。
つまりは、摂取している栄養素のバランスが悪い、ということです。

厚生労働省が国民の健康を守るために定めた「日本人の食事摂取基準」。
これは、1日にどの栄養素をどれくらい摂ればよいかをまとめたもの。
これに、国民健康・栄養調査の結果を比較してみると、
多くの栄養素が基準値を満たしていないことが分かったのです。
今回は、年代を問わず足りなかったビタミンAに注目してみましょう。

ビタミンAの働きで有名なところは、視覚に関する機能に働きかけること。
キレイを作る働きに注目するのなら、
皮膚や爪、粘膜の代謝に関わる点が見逃せません。
美肌、美髪、美爪に欠かせない栄養素なんです。
こうなると、がぜん注目度が上がるはず。

ビタミンAは、さまざまな食材に含まれている栄養素なので、
足りなくなることは少ないはずなんです。
摂りやすい食材は、鶏や豚のレバー。
50gも食べれば不足分は補えてしまうほど、豊富に含まれています。
それなのになぜ、足りない栄養素、第1位なのでしょうか?
答えはやはり、食生活の乱れのよう。
それに、効率的にビタミンAが摂れるレバーなどは、
実際に家庭で食べるとなると、ひと手間かかる食材。
なるほど、食卓から遠ざかってしまうわけです。

念のために確認しておくと、ビタミンAは過剰になると肝臓をはじめ、
体内に蓄えられる脂溶性のビタミンなんですね。
ですから、あまりに多いと過剰摂取で、脳圧が高くなったり、
肝臓が悪くなったりといった弊害が出ることもあるので
注意が必要な栄養素でもあるのです。

そうした心配がないカタチでビタミンAが摂れるのが青汁です。
身体の中に入るとビタミンAの働きをする栄養素、
βカロテンがたっぷり含まれているからです。
しかもβカロテンは、体内で必要な量だけビタミンAとなるので
過剰症の心配もありません。
モロヘイヤや明日葉といった青汁の主原料によく使われる緑黄色野菜や
ニンジンやカボチャといったものにも豊富に含まれます。

今すぐビタミン不足を解消するには、
1杯の青汁が持つチカラを借りるのが、まずは近道のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です