お酒を百薬の長とするか、万病の元としてしまうか?

適量であれば、百薬の長、
されど、過ぎれば万病の元。
それが、お酒。

日々、積み重ねられた緊張を、ふわりとゆるめてくれる、お酒。
こうしたストレス解消の効果ばかりが注目されているようですが、
適量なら、他にも健康に良い効果が期待できるのです。

例えば、善玉コレステロールを増やしたり、血液をサラサラにしたり。
お酒を飲むと身体が温まるのは、血管を拡張させるから。
そのおかげで血流が改善されて、
疲れがとれやすくなったり、血管をつまりにくくしてくれるんです。
適量であれば……。

過剰になれば、万病の元、となります。
しかも、その過剰な状態は、思っている以上に早い段階でやってくるようです。

身体や心に作用を起こすのは、お酒に含まれているアルコール。
そのアルコールは、身体に入るとすぐに肝臓で分解が始まります。
このときにビタミンB群の一種、ナイアシン(ビタミンB3)が消費されるのです。
アルコールを分解するのにナイアシンが足りなくなったり、
お酒が過剰になったりすると、ナイアシン不足を補おうと
ビタミンB1が消費されるようになるのです。

ナイアシンは、身体のなかで働く500以上の酵素を活性化させる働きがあります。
生命の営みに関わっているということ。
抗酸化ビタミンが働くのにも重要な役割を果たし、
老化を防いでキレイを作るのにも活躍してくれているのです。

アルコールの分解でナイアシンをサポートするビタミンB1は、
炭水化物をエネルギーに変えるために必要です。
つまり、ビタミンB1が足りなくなると、糖質が蓄積されてしまうということ。
脳のエネルギー源でもあるので、脳の働きや精神的な安定にも欠かせません。
キレイを目指すなら、一瞬たりとも不足させたくない栄養素でもあるわけです。

気持ちをゆったり保ってリラックスするのは、ココロの健康に欠かせないもの。
また、お酒を飲んでコミュニケーションを円滑にしたりが円滑になれば
豊かな人間関係も築けるかもしれません。
こうした効果もまた、内側から輝き、キレイになるために欠かせない要素なのです。

適量を賢く飲めば、お酒は人生を豊かにするツール、と心得ましょう。

日本人に不足している栄養素の代表、ビタミンAをいかにして摂取するか?

食べ物に困ることのない、豊かな国。
日本で栄養失調なんて、ありえないと思うのが当然です。
ところが、きちんと食事を摂っているのにもかかわらず、
栄養失調と診断されるケースが増えているそう。
それが「新型栄養失調」です。
つまりは、摂取している栄養素のバランスが悪い、ということです。

厚生労働省が国民の健康を守るために定めた「日本人の食事摂取基準」。
これは、1日にどの栄養素をどれくらい摂ればよいかをまとめたもの。
これに、国民健康・栄養調査の結果を比較してみると、
多くの栄養素が基準値を満たしていないことが分かったのです。
今回は、年代を問わず足りなかったビタミンAに注目してみましょう。

ビタミンAの働きで有名なところは、視覚に関する機能に働きかけること。
キレイを作る働きに注目するのなら、
皮膚や爪、粘膜の代謝に関わる点が見逃せません。
美肌、美髪、美爪に欠かせない栄養素なんです。
こうなると、がぜん注目度が上がるはず。

ビタミンAは、さまざまな食材に含まれている栄養素なので、
足りなくなることは少ないはずなんです。
摂りやすい食材は、鶏や豚のレバー。
50gも食べれば不足分は補えてしまうほど、豊富に含まれています。
それなのになぜ、足りない栄養素、第1位なのでしょうか?
答えはやはり、食生活の乱れのよう。
それに、効率的にビタミンAが摂れるレバーなどは、
実際に家庭で食べるとなると、ひと手間かかる食材。
なるほど、食卓から遠ざかってしまうわけです。

念のために確認しておくと、ビタミンAは過剰になると肝臓をはじめ、
体内に蓄えられる脂溶性のビタミンなんですね。
ですから、あまりに多いと過剰摂取で、脳圧が高くなったり、
肝臓が悪くなったりといった弊害が出ることもあるので
注意が必要な栄養素でもあるのです。

そうした心配がないカタチでビタミンAが摂れるのが青汁です。
身体の中に入るとビタミンAの働きをする栄養素、
βカロテンがたっぷり含まれているからです。
しかもβカロテンは、体内で必要な量だけビタミンAとなるので
過剰症の心配もありません。
モロヘイヤや明日葉といった青汁の主原料によく使われる緑黄色野菜や
ニンジンやカボチャといったものにも豊富に含まれます。

今すぐビタミン不足を解消するには、
1杯の青汁が持つチカラを借りるのが、まずは近道のようです。

青汁が美容に効果があるのには、理由があります。

きれいでいることは、女性にとって永遠といってもいいテーマ。
そのアプローチは、いろいろあるけど、内側からきれいになることが
年齢を重ねても衰えない美を手に入れる秘訣、といえるでしょう。

体内環境を整えることで得られる美しさは、
美肌や美髪などのパーツや、整ったプロポーションといったもの。
健康と両輪で回ってこそ成り立つ美しさ、といえるのではないでしょうか。
目指すべきはそこ、なのです。

美容に効果のある栄養素としてベーシックなものといえば
美肌に欠かせないビタミンAやビタミンC、
髪や肌、爪などのターンオーバーを活性化させるビタミンB群、
骨や歯の生成やエネルギー代謝を促すカルシウム、
善玉菌を増やしてデトックス効果もある腸内環境を整える食物繊維など。
種類豊富な栄養素をまんべんなく摂ることが美しさにつながります。

こうした栄養素を一度に摂れる青汁は、美容効果が高く、
健康にも良い作用のあるおすすめのサポート食品です。
抗酸化作用の高い栄養素を豊富に含んでいるから、
美と健康の両方への効果が期待できるんですね。

青汁は、各メーカーが効果に合わせて主原料を選び、
さらに、さまざまな野菜や植物をブレンドして特長を出しているので
得たい効果に合わせて選ぶのがおすすめです。

主原料のひとつ、明日葉は、それ自体に含まれている栄養素が豊富なうえに
脂肪燃焼を促したり、血管を調整したり、老廃物を流し出す効果の高い
希少なカルコンという栄養素が豊富。
むくみや生活習慣病といった悩みにも効果が期待できるのが特徴です。

抗酸化作用の高いクロロフィルを含んだ大麦若葉も
アンチエイジングに効果を発揮します。
ビタミンCと一緒に摂ることでダイエット効果が増すので
脂質を食べすぎたときなどに、あわせて飲みたい1杯です。

主原料にこだわらず、青汁は緑黄色野菜が中心の飲み物。
だからこそ、あの色なのです。
また、新鮮な野菜の栄養素をそのまま身体に摂り込めるよう
加工方法なども工夫されているものが多いです。
肌も髪もよろこぶ栄養素がたっぷり含まれ、体内を酸化させようとする
活性酸素を抑える栄養素も豊富。
青汁が美容に効果的なのには、こうした理由があるのです。

ドレッシングは美の敵か味方か?

生野菜がよいか、温野菜がよいか。
その話はまた別の機会に譲るとして、生野菜を食べるときに何をかけて、
あるいはつけて、食べるでしょうか?

コンビニで買ったサラダについているドレッシングをそのままかけて食べるとか、
外食先のレストランで注文したサラダには、すでにドレッシングがかかって出てきたとか。
当たり前のように出てきたものを、素直に食べている方が多いと思いますが、
そのドレッシングが野菜不足を増大させていることもあるんです。

ドレッシングは、お酢または柑橘類の果汁と植物から採れた油をバランスよく混ぜ、
塩や香辛料、砂糖などを加えて乳化させた調味料です。
ところが、市販のドレッシングは油の質が悪かったり、味を調整するために塩や砂糖、
さらには添加物がたくさん使われていることがあります。
しかも、こうした油や砂糖を消化するために大量のビタミンやミネラルが使われてしまうのです。
コンビニで買ったサラダを食べるためにかけたドレッシングが
そのサラダから摂った栄養を横からさらっていくのです。

また、最近はやりのノンオイルドレッシング。
こちらもまた、あまりたちが良いとは言えません。
油を使わない代わりに、砂糖や人工甘味料が使われていたりします。
こうしたものは、身体にとって不要な、むしろ「余分に摂ってしまった」糖質であり、
たんぱく質と結びつくことによって糖化してしまいます。
糖化とは、全身に与えるダメージのひとつ。
つまりは老化を促すというわけです。

また、ノンオイルといっても、まったく油が使われていないわけではありません。
トランス脂肪酸が含まれた食用植物油脂が使われている場合もあります。
トランス脂肪酸は、日本ではまだ規制がありませんが、
アメリカなどではすでにその危険度に注目が集まり、規制が始まっています。
しかも、こうしたものの代謝にもまた、ビタミンやミネラルが大量に使用されてしまうのです。
野菜を食べなきゃと身体に良いことをしたつもりになって、
それ以上の毒を摂り込んで、その排出のために野菜の栄養素が使われてしまうのです。

では、何をつけて野菜を食べればいいの?と思うかもしれません。
何もつけずに食べて、野菜のおいしさを味わうのもおすすめです。
また、今は日本全国で作られている天然の塩がどこにいても手に入ります。
ちょっと充実したスーパーに行けば、海外の岩塩や海の塩も手に入ります。
こうした天然塩は、ミネラルがたっぷり。
日本人は塩分の摂りすぎといわれていますが、
それは食塩(塩化ナトリウム)であれば、という話です。
だからといって使い過ぎは、もちろんNGですが。
でも、ミネラルが豊富なお塩は、しょっぱさなんて感じませんものね。
バリっと洗った野菜にお塩をパパパッとふって、オリーブオイルを回しかけるだけ。
そんなシンプルな味付けこそが、野菜のおいしさを引き立てそうです。

キレイを手に入れるためには、自分の身体に摂り込むものの正体くらい、
なんであるかを確認する手間を惜しんではダメ、という時代であるということでしょうか。

美と健康の敵、野菜不足は緑黄色野菜豊富な青汁で補って。

身体の中からキレイになることを目的にすると、栄養の摂り方も大切です。
数ある栄養素のすべてをまんべんなく摂りたいのはもちろんですが、
なかでも新鮮な野菜に含まれたビタミンやミネラルは必須。

そもそも、1日に必要な野菜の量をご存知ですか?
成人になれば男女関係なく1日350gが必要な目安とされています。
その数字と比較して、実際のところ、
日本人の平均値として約50g不足しているというデータがあります。
しかも不足の傾向は若い人ほど大きいとか。
「野菜、大好き」といいながら、20代の女性は100g以上も不足しているんです。

350gの内訳は、緑黄色野菜が120g、淡色野菜が230g。
生野菜では両手を広げていっぱいの量、熱を入れたものは片手に乗る量が目安です。
どのくらいの量を食べている実感があるでしょうか?
大半の人が野菜不足を感じながら、食事を終えています。

こうした結果が健康を損ねるきっかけとなる免疫力の低下や疲れやすさといったことを招き、肌荒れなどといった美の敵につながっていくのです。
さらに年齢を重ねていけば、動脈硬化やコレステロール値の上昇といった、
生活習慣病を招くことも。
野菜不足が美と健康に及ぼす影響は、計り知れないほど怖いものなのです。

だからこそ、毎日の野菜不足を見過ごすわけにはいきません。
でも、今までできなかったことを一朝一夕で改められるとも、思えないのが本当のところ。
そういうときは、青汁の力を借りてしまうのが近道です。
まずは1日1~2杯、足りなかった分を補いましょう。
青汁は、きちんとしたメーカーのものは、収穫したての緑黄色野菜を主原料にし、
その栄養素を損なわないよう工夫して加工しているので、
新鮮な野菜の栄養素がそのまま摂り込めます。
これまでの食生活にまずは青汁を加えましょう。

とはいえ、できるのなら食べ物から栄養を摂るのが人間の本来の機能。
先に紹介した目安を覚えて、
3度の食事のときに意識しながら野菜を増やしていく努力もしたいところ。
できるだけ食事で野菜を摂って、不足を感じたときは青汁で補う、
そうやって自分の身体を大切に扱う、そんな感性が美には必要なのではないでしょうか。